下呂市医師会とは

会長挨拶

今年度から下呂市医師会会長に就任した小池です。現在、新型コロナウィルス感染症の対策に大変な思いをされていることと思います。皆様に新しい情報を迅速にお伝えするために、テレビの地方局に手伝ってもらい情報番組を配信したり、このホームページを利用して情報をお伝えしています。この広い下呂市内を少ない医療従事者で対応できる環境の整備を移動制限のあるこの機会に進め、個々が移動する負担の軽減を目指しています。具体的にはネットワーク環境を揃えて、医師会員相互の会議、他職種医療従事者・学校関係者・行政などと、オンライン会議、遠隔診療の構築を始めています。連携が進む事で、相互の感染機会が減り、移動時間を無くして会議に出席したり、遠隔地でも他職種と顔を合わせて相談が可能になります。市民皆様の身体・心の健康のために、予防、治療、多職種が連携した環境がより良いものになる様、推進していきます。

 

今まで積み上げてきた医師会の仕事の充実と発展のために、市内の中核病院である下呂温泉病院、下呂市立金山病院、南ひだせせらぎ病院と協力し、他職種の医療従事者や行政と連携をとって、さらに市民が楽しく安心して暮らせる地域医療の発展に寄与できればと思います。何卒、宜しくお願い致します。

 

下呂市医師会 会長 小池利幸

設立目的

本会は下呂市を区域とし、その区域内に病院(診療所)を有するまたは勤務する医師を以て構成され、医師としての職域に於いて社会福祉を増進する目的として設立させた。

事業内容

・医道の振作昂揚ならびに医権擁護に関する事項
・医学医術の研究振興に関する事項
・公衆衛生の啓発指導ならびに医療の普及に関する事項
・医事衛生の調査研究に関する事項
・医政および医業の改善向上に関する事項
・会員相互の親睦扶助に関する事項
・その他目的達成に必要なる事項

活動内容

予防接種

法律で勧められて公費で行われるもの(定期接種)と、個人の希望による任意のもの(任意接種)があります。 定期接種(三種混合、不活化ポリオ、四種混合、BCG、麻疹風疹、日本脳炎、二種混合)ならびにヒブ(インフルエンザ菌b型)、小児用肺炎球菌、子宮頸がん、一部高齢者等のインフルエンザについて医師会に委託されております。 委託された定期接種、並びに任意接種について「かかりつけ医」が個々の体調をチエックした上で個別に接種しています。 予防接種委託実施医療機関には毎年日本医師会が行っている「子ども予防接種週間」の協力をしていただいております。 また予防接種に関し医師会員に対して研修会も行っています。

地域医療

疾病の予防や健康の維持・増進を目的とした活動(リハビリ、在宅療養のサポート、地域の高齢者・障がい者の支援、妊婦の保健指導や相談、子育て支援など)を地域の行政や住民組織と協力して行っています。医療を通して住民自治を推進し、医師と地域住民が手を取り合ってより良い地域社会を築いていくことを目指しています。

役員名簿

役職 氏名 医療機関名 担当部門
会 長 小池 利幸 小池医院 総務・医療一般、IT関連
副会長 小林 源博 こばやし整形外科 休日診療所、介護保険
下呂市薬薬連携連絡会、たばこ防煙学習会
副会長 奥村 昇司 おくむらクリニック 糖尿病関連、予防接種、特定健診、福利厚生
理 事 阿部 親司 阿部医院 介護保険、地域医療等構成会議
理 事 大塚 正議 大塚耳鼻咽喉科医院 休日診療所、総合計画審議会
下呂市減塩推進委員会
理 事 山森 積雄 県立下呂温泉病院 学術
理 事 鈴木 康 県立下呂温泉病院 褥瘡
理 事 大林 秀成 萩原北醫院 下呂市立小中学校結核対策委員会
下呂市障がい者障害児童
福祉計画策定委員会
監 事 大平 敏樹 県立下呂温泉病院 腎臓病関連
監 事 須原 貴志 下呂市立金山病院 救急・災害医療
PAGE TOP